2015年07月16日

ブランディング活動G『ワークショップデザインにおけるリサーチデザインプロセス』―ブランディング活動とブランディング企画書作成―

 今回はワークショップデザイン内におけるリサーチデザインプロセスについて書いていきたいと思います。これまでの復習として『ワークショップデザイン』はブランディング企画作成をグループで進行させグループワークでそれぞれのアイディアを出し合い叡智を深める方法であり、対してリサーチデザインは収集したデータを分析するための研究設計を呼びます。その為リサーチデザインはワークショップデザイン内では予め企画実行の前段階で作っておくべき研究プロセスであり研究プロセス定義といった位置づけになります。

 ではリサーチデザインはワークショップデザインの中でどのプロセスで協議されるべきなのでしょうか。

 リサーチデザインはワークショップデザイン内においてプロセスVの『活動の内容・影響・関連付け』においての高い顧客満足を得るための仕組みによる影響をデータとして収集して研究データとして扱うための定義づけと活動における波及効果への推論・仮説・検証方法の設計段階として検討されるべき項目です。図示化すると次のようなイメージでとらえてください。
20150716.png
 それではプロセスWの到達点は何でしょうか?
 プロセスWではこれまでのプロセスT〜Vで『高い満足度』を得るための仕掛け作りの活動対して収集したデータを研究データとして分析するための研究設計であり、『理論付け』を行いその事実を元に設計され体系化されたデータ収集方法によるデータ整理』によって仮説を『モデル化』することが目的です。そうすることでこの研究成果を適正に評価につなげるベースを構築してマーケティング分野・社会科学分野に意義のある研究へと高めていきます。モデル化された仮説は顧客にピーク体感を与えていく仕組み作りに活用していき将来に向かって理想的な顧客との関係や評判を上げる仕組みへと昇華させていくこと理想です。プロセスWにおいてモデル化された仮説は次のプロセスであるXにおいてその活動の波及効果の予測を行うことに繋げていきます。
 ではここでリサーチデザインの部分については別の部門で行うべきではないのかといった考えもあることでしょう。実際にはリサーチデザインはブランディング活動における研究フレームワーク設計であり、ブランディングのT〜Vまでの活動とは少々異なっているため別の部門にそのプロセスを移管して協議しても良いかとは思われます。しかしこのプロセスは完全にワークショップデザインの枠組みとは別に行うべきではなく経験と実績に裏付けされた推論とそれに伴う理論構築による仮説をたてる必要がある為、活動に参加して実践する人間も参加するべきであると私は考えます。

 プロセスYではブランディング活動と研究成果による両側面からの社会貢献をワークグループで協議をします。ワークグループにおいてこれまでのブランディング活動企画と研究の両側面からアプローチを行って社会への影響と貢献を企画書に盛り込むことで社会に意義のある活動へと認知が高まり魅力的なプロジェクトとして伝わり関係者から賛同と協力体制が得られることに繋がります。

 今回はここまで。次回はまたこのテーマを掘り進めていきたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。