2015年06月20日

ブランディング活動D 『企画書設計におけるワークショップデザイン・リサーチデザイン』―ブランディング活動とブランディング企画書作成―

 今回はブランディング企画設計におけるワークショップデザインについて書いていこうと思います。
 ブランディング企画書を設計する前提としてその時点でビジネスモデルを構築して活動をモデル化してブランド構成要素を明確化しておくことが理想です。以前ブログで書かせていただきましたがまずはビジネスモデルのフレームについて簡単に説明していきます。ビジネスモデルは一般的には次の9つフレームで構成されており各フレームとの関連づけを行いながら作成していきます。
【ビジネスモデル構成フレーム】
  @パートナーシップ
  A主要活動
  B主要リソース
  C価値提案
  D顧客との関係性
  Eチャネル
  Fターゲット顧客層
  Gコスト構造
  H収益の流れ

 私は更に3つのフレーム(広告媒体・宣伝方法/マーケティング手法/ビジネス拡張性)を追加して次の図のようなモデルキャンパスでビジネスモデルを構築しています。
0182.png
 12のフレームを明示化することで現在の関係性を明確化して更にブランディング活動の要点を押さえた活動の企画の立案が可能になります。

 さて、それでは実際に企画書の設計について説明していきたいと思います。企画書を設計する上で重要なことは、目的の明確化(ブランディング活動への問い)、理論付け、データ定義、仮説と検証の4つを明確に定義づけを行いデータ検証を行いながらブランディング活動計画立案して実行することだと考えています。そのためブランディングプロジェクトは『ブランディングワークショップデザイン』と科学的推論としての『リサーチデザイン』の 2つの側面から「定量的」「定性的」に統計をとりワークグループ内で考察しながらブランディング活動へとつなげる企画を立てることを理想としています。

 さてブランディングワークショップデザインとはどのようなものでしょうか?
 ワークショップデザインとはブランディング企画書の作成をグループで進行させるための進行の仕方をよび、グループワークで毎回テーマを定めて @活動目的/背景/環境 A活動基軸となる構成要素明確化 B活動の内容・影響・関連付け C仮説・検証方法 D最終企画案提出 などを複数回に分けて各会でテーマを定め最終的に企画書を設計していきます。

【ブランディングワークショップデザイン例】
1.活動目的/背景/環境
 1-1.活動背景
 1-2.活動の目的
 1-3.市場環境の概要
2.活動基軸となる構成要素明確化
 2-1.顧客区分とペルソナ
 2-2.ブランドストーリーの再認識
 2-3.ブランドパーソナリティ再認識と明文化
3.活動の内容・影響・関連付け
 3-1.活動概要とそれによる影響
 3-2.顧客との絆強化と評判
 3-3.活動とブランドストーリーの関連付け
4.仮説・検証方法
5.最終企画案提出

 例えば『@活動の明確化』では活動背景とブランディング活動への問いとしての目的の明確化をテーマに討論していきます。このワークショップデザインではこれまでブログで書かせていただいた『顧客区分』『ペルソナ』『ブランドストーリー』『ブランド・パーソナリティ』をワークグループで再認識していきながら明文化していきその影響を強める活動へと作り上げることが目的です。最終的にはターゲット層を固めて『コンテンツ提供価値とリレーション提供価値の両側面からブランド価値ピーク体感を起こす活動』⇒ブランドと顧客との絆を強める⇒ブランド評判を高める⇒ブランド・パートナーの増加⇒ブランド力強化=ブランド価値×ブランドパートナー数へと導く企画書をワークグループで作り上げていきましょう。
 今回はここまで。

 次回も引き続き本テーマで『リサーチデザイン』を含めた企画書設計について書かせていただきたいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。